予め副作用を知ればボトックス治療は怖くない【患部を触らない】

筋肉の動きを抑制する

女性

別の施術とセットで行う

ボトックス注射はボツリヌス菌の成分から作られている薬剤です。ボツリヌス菌の作用は筋肉を動かす時に働いている神経伝達物質を遮断することで、筋肉が動かなくなるというものです。この作用が強過ぎると、体への悪影響がでてしまいますが、微量に抑えることで美容効果を出すことができています。筋肉を動かす時には脳からの指令が体に伝わり、それが元になって体を思ったように動かせるようになります。ボトックスはその途中の過程をブロックさせることで、脳が動かしたいと指令を出していても一部の筋肉の動きを抑制します。そのため、特別な意識をしなくても、ボトックスの注射をうっておけば、動かしたくない部位だけを動かさないようにでき、その結果顔のシワがでなくなるということです。この時に注意をしておかないといけないことは副作用で、強く効き過ぎると動きが少なくなりすぎて顔の表情が不自然に見えてしまうという副作用が起きます。ボトックスは筋肉にだけ働きかけるので、普段は動きのある場所にしか効果を出すことができません。そのため、シワをとることができるとはいえ、シワの種類が限られており、眉間のシワや目尻のシワなど、表情を変えた時にあらわれるものだけに作用します。ボトックスは他の一般的な施術と違い薬剤を注射するというだけで効果を出し副作用もほとんどありません。それに加えて施術が終わった直後は何も変化が見られないことが多いので、仕上がりを予測して施術を行う技術が必要になります。こういった予測は非常に難しく、特に初めて施術を受ける場合には効果の出方に個人差があるので、たくさん経験をしていることが重要になってきます。施術前には必ずカウンセリングを行い、医師の診察を受けますが、その時に仕上がりのイメージを伝えておくと施術を行いやすくなるでしょう。シワをとったり小顔にしたりしたいと悩んでいることを伝えておけば、後は必要な施術を行ってもらえますが、シワの種類や顔が大きく見える原因によってはボトックスが効果を出さないこともあります。その時には悩みを解消するための別の方法を提案してもらえるので、どの治療法にするかをよく考えましょう。中には、ボトックスだけでなく他の治療も併用すると、理想に近づくこともあるので色々な方法を検討することが大切です。セットで行う方法は割引価格になることもありお得な方法です。治療法を併用すると費用が高くなったり副作用がでやすくなったりすることがあるので、メリットとデメリットを比較して決めましょう。